K.Iさん

CADとIT関連サービスの
両方を展開している
ユニークな会社

K.Iさん
日本工学院専門学校卒
東京支店 システム1課 係長
(2010年 中途入社)

「現在のお仕事」

心がけているのは健康で元気に仕事をすること

ECサイト運営している会社で、ECサイトの構築や保守運用を担当しています。その会社にはアンドールからは私と部下の2人、アンドールが属するTCSグループ全体で20-30人ほどが常駐しています。私は2010年5月に中途採用でアンドールに入社し、その年いっぱいは名古屋で開発のサポートを行い、2011年から今の部署に移りました。

仕事をする中で、心がけているのは元気に働こうということです。健康であれば、何でもできます。ですから、健康で、元気に働くことを意識しています。友人たちは皆元気で、生き生きとしています。皆でキャンプに行ったり、バーベキューをやったり、海に行ったりしてきたので、若い頃から元気が一番と思っています。

1989年に社会人になって29年、最初は車にオプションで付けるカーナビのファームウエアの開発に携わりました。当時は地図データもまだCD-ROMで、精度もよくありませんでした。今とは昔日の感があります。その後は建設業や大手ゼネコンで仕事をして、IT系商社で2次元CADに出会いました。そして2次元CADのデータ管理業務を12-3年やりました。

「入社のきっかけ」

上司やグループ会社の社員にも気軽に相談できる

8年ほど前、独身なので、チャレンジするなら今だと思って、転職することにしました。TSCグループの面接で、CADをやっていたのであれば、製造業向けのCADを開発しているアンドールを勧められました。以前からアンドールの2次元CAD「CADSUPER」はCAD業界では有名で、知っていました。CADSUPERを開発している会社なら、やりがいがあると思い、入社しました。

CADは製造業では極めて重要な役割を果たしています。その意味で製造業を支えているわけですが、アンドールの面白いのはIT関連サービスも展開しているところです。ITサービスも提供しているCAD会社は他にはなく、そこにアンドールの独自性があると思います。 ITサービスの仕事をしていますが、仕事も面白く、充実していて、アンドールに入って本当によかったと感じています。

転職前の仕事は組み込み系やCADのデータ管理で、規模の小さいものでした。今携わっているプロジェクトはECサイトでとても大規模なものです。不特定多数の人が買い物をするので、24時間365日の稼働が必須要件で、本番サイトの作業では少しのミスも許されません。そこには非常に気を使いながら、仕事をしています。ただありがたいのはお客様先に常駐していても、上司にも気軽に相談できることです。TSCグループのグループ会社もいくつもあり、一緒に仕事をしているので、困ったことがあれば、他の会社の人にも相談できるのは本当に心強いです。

仕事中の様子

「仕事でのやりがい」

一番嬉しいのは若い社員が活躍する様子を聞くこと

最近は自分が活躍するよりも、若い社員が活躍している様子の報告を聞くのが嬉しくなりました。社内にIT系サービスを展開している社員のチームがあって、皆お客様先に常駐しているので、月1回帰社日を設けて、話を聞いたりします。そこでいろいろ相談されることがあり、それも嬉しいのですが、若手社員が成果を上げているのを聞くのはとても楽しく、我がことのように嬉しいです。

50歳になったので、これからは自分が新しい技術を身に付けるよりも、若い社員ががんばれる環境を作ることに力を注ぎたいと考えています。様々な技術の紹介をはじめ、自分が得たものを自分の子どものような世代の若い社員が継承できるように努力していきたいと考えています。

「就活中の皆さんへのメッセージ」

成長途上で伸びしろが大きく、
自由に仕事ができる

アンドールはこれからまだまだ大きく成長する、成長途上の会社です。
若い社員が多いですし、先輩社員のサポートもしっかりしていて、伸びしろはとても大きいです。ですので、就活生の方も転職を考えている方も就職先の候補にしてもらえるととてもうれしいです。

特に学生の皆さんは、これからの目標がはっきりと定まっていなくても、まずは社会に出て働いてみることが大切だと思います。様々な経験をもとに、目標を決めていけばよいのです。

アンドールで働いてみて、自分に合っているポイントを探してみれば、多種多様な業務の中できっと自分に合った目標が見つかると思います。

インタビュー風景