ニュース

2021.5.18

CADTOOLでのCADSUPER2021動作検証結果・環境設定方法について

CADTOOLでのCADUPER2021動作検証結果についてご連絡いたします。

<動作検証結果>

   
対応CAD 対象ソフト 結果
CADSUPER2021 板金展開9
メカニカル8
FEM8
フレーム構造解析12



<環境設定方法>

CADTOOLシリーズ(板金展開9、メカニカル8、FEM8、フレーム構造解析12)のインストール及びCADSUPERシリーズ(202X)との連携方法は、次の通りです。

今回は「板金展開9」でインストールの説明を行います。

【1.CADTOOLシリーズ(板金展開9)のインストール】

①CDドライブ内のsetup.exeを実行します。


②管理者権限を聞いてきたら、「はい」で実行します。
同意する」を選択し、「次へ」をクリックします。


③「OK」をクリックします。


④「インストール」をクリックします。


⑤「継続」をクリックします。


⑥「はい」をクリックします。


⑦「はい」をクリックします。


⑧「OK」をクリックします。



【2.CADSUPERシリーズ(202X)連携部のインストール】

①CADSUPERのCD内のファイルをCADTOOLをインストールしたフォルダ先にコピーします。
コピーする際に「権限が必要です」というメッセージが出たら「はい」をクリックします。


(コピー元)
  フォルダ:CD内の ¥TOOL¥CADTOOL¥
  ファイル:CS20XXDraw.exe , Stv2CS.exe

          ↓

(コピー先)
◆板金展開9
(デフォルト)C:¥Program Files(x86)¥CADTOOL_Series¥Bankin9

◆メカニカル8
(デフォルト)C:¥Program Files(x86)¥CADTOOL_Series¥Mecha8

◆FEM8
(デフォルト)C:¥Program Files(x86)¥CADTOOL_Series¥FEM8

◆フレーム構造解析12
(デフォルト)C:¥Program Files(x86)¥CADTOOL_Series¥Kozo12


<CADTOOLからCADSUPERに出力する設定>

CADTOOLシリーズ(板金展開9、メカニカル8、FEM8、フレーム構造解析12)で作成した部品や解析結果をCADSUPERシリーズ (202x)に出力する設定は、次の通りです。

今回は「板金展開9」で設定の説明を行います。

【1.CAD通信設定】
データを出力するCADを選択します。

①板金展開9を起動します。


②CAD通信設定をクリックします。


③「CADSUPER20XX」をクリックします。



【2.CAD・DXF出力設定】
CADSUPERへ出力する際のレイヤ色番号を設定します。

①「円錐」コマンドをクリックします。


②「環境設定」ー「CAD・DXF出力設定」を選択します。

           


色番号を入力し、「確定」をクリックします。
(今回は、色番号 3 緑色で出力します。)


※注意点:
CADSUPERの作図背景色「黒」の時は、色番号7は使用しないでください。


【3.CADへデータ出力】
CADに表示のデータを出力します。

※注意点:
データ出力は、CADSUPERのカレント図面となります。
あらかじめCADSUPERを起動し、図面を開いておいてください。


①「CAD」をクリックします。


②出力CADの表示を確認し、「OK」をクリックします。


今回は、CADSUPERの背景色は、黒色で操作しています。


③部品名を入力し、「OK」をクリックします。


※注意点
部品IDはシステムで自動生成しますので、変更しないでください。


④配置位置を指定し、配置します。


 

【このニュースに関するお問い合わせ】

アンドール株式会社 プロダクツ営業部

E-Mail:sales@andor.co.jp