製品情報

CADSUPER Lite

概要

製図機能に限定し、シンプルなメニュー構成で直観的なオペレーション操作を実現しました。設計現場以外にも営業・製造現場や協力会社など幅広いユーザ様にご満足いただける環境を提供いたします。

 

 

<デュアルディスプレイ画面イメージ>

CADSUPER Lite 2021年度版の主な特長

1.グループ形状ツリー表示

図面に配置されているグループ形状をツリー表示し、ツリーから選択した形状を編集することができる機能を搭載しました。ツリー表示では、グループ形状の名称変更、連動機能を維持した図面への複写、形状の編集などを行うことができます。また、ツリーの形状をクリックすると図面上でハイライト表示し、瞬時にグループ形状位置がわかります。

2.プレビューのウインドウ化

ファイルを選択する時にファイルの表示イメージが小さく見づらいものでした。CADSUPER Lite 2021年度版では、プレビューを別ウインドウ化し、サイズを大きく表示しファイル内容がわかりやすくなりました。

3.スタイルの置換

図面内の要素で使用されているスタイルを別のスタイルに置き換える機能を搭載しました。スタイルの設定が異なる図面を簡単に同じ状態に切り替えることができ、作業効率が上がります。

4.あいまい検索

ファイル名検索で全角文字と半角文字の違い、大文字と小文字の違いなど、検索時に正確に検索しなければ対象外となっていました。CADSUPER Lite 2021年度版では、あいまい検索機能を新たに搭載し、全角文字と半角文字の違い、大文字と小文字の違いがあっても検索することができ、使いたい図面を素早く見つけ出すことができます。


CADSUPER 2020年度版の主な特長▽クリックで表示/非表示

シンプルな操作性

ひとつひとつの図形の作成から最終的なモノの図面まで一連の作業を少ないステップ数で、設計者の思考を中断することなく製図作業が行えるように設計された作図コマンドを搭載しています。寸法線コマンドでは、1つのコマンドで水平・垂直・平行寸法線を作図することが可能で、さらに寸法入力中に寸法線の統合・分割・追加や文字移動などの編集操作もでき、ユーザの立場に立った使いやすさを追求しています。
部品表・注記・コメントなどの文字記入では、あらかじめ登録された語句をボタン選択するだけで横書き・縦書き・引出し形式で作図出来る文字-定形コマンドが便利です。

 

 

JIS標準部品/部品機能

機械設計でよく利用するJIS標準機械部品のねじ・鋼材部品を標準搭載しています。配置したい部品形状と寸法を選択し、配置位置を選択するだけで簡単に部品配置することが出来ます。配置された部品の個数を集計して部品表を作成することやExcelと連携することも可能です。

豊富なデータ互換性

Windows版CADSUPERシリーズ(SX/JX/FX)のデータをダイレクトに読み込みができます。DXF/DWGデータ及びMICROCADAMデータのコンバータを標準装備し、さまざまなCADデータを有効活用可能です。 DXF/DWG変換コンバータでは、取引先毎に異なる図面仕様に合わせて細かな変換パラメータの設定が可能です。パラメータ設定は直感的で変換結果がわかりやすいユーザーインターフェイスを採用しています。