製品情報

CADSUPER Works

概要

1985年発売開始から、お客様と共に進化し続けている国産ベストセラー2次元CADシステムCADSUPERに、SOLIDWORKSの優れた3次元設計環境を追加し、高度な3次元設計環境』と『自由度の高い2次元設計/図面作成環境』が共存した、2次元/3次元それぞれの特長を有効活用可能な統合CADシステムを提供いたします。

※CADSUPERWorks独自の2D/3D連携機能(一部)を動画で紹介しています。



●3次元データとの相互運用
CADSUPER Worksは、2次元図面から直感的な操作によるモデリング(2Dto3Dコマンド)が可能で、どなたでも簡単に3次元データを作成できます。3次元データから2次元データを作成するときは、CADSUPER独自の補正機能により高品質な図面を作成することができます。

●他社CADとの相互運用
各種ダイレクトコンバータと標準搭載しており、他社CADデータでの受取/納品が実現します。DXF/DWG変換においては、モデル空間/レイアウト空間両方の変換が可能でビューポートによる異縮尺図面やByLayer属性の変換もできます。ビジュアルパラメータ機能を利用することで、変換結果を確認しながら簡単に変換パラメータを設定でき、それらのパラメータを取引先ごとに登録して運用することができます。

●ネットワークライセンス形式による自由な構成
CADSUPER Worksは、ネットワークライセンスに対応しているため、自由な構成で設計環境を整えることができます。例えば、2次元設計環境をベースにそのうちの数台を3次元設計環境、さらに解析ができる環境など、自由に構成を組むことができます。

CADSUPER Works 2019年度版の主な特長

1.3次元→2次元連携機能
(1)幾何公差及びデータム配置機能  <新機能>

 2016年版のJIS製図において、「製品の幾何特性仕様(GPS…Geometrical product specifications)-寸法の公差表示方式」が公開されました。CADSUPER Works 2019年度版ではGPS対応により、投影図コマンドのアノテートアイテムの出力時、理論的に正確な寸法、データム、幾何公差、注記内の特殊記号、はめあい公差での積重ね・直線状の出力も可能となりました。

 

(2)組立図レイヤ別配置機能 <新機能>

 従来は、レイヤ別で表示した際、部品と部品が重なっている部分は隠線で表示されていましたが、CADSUPER Works 2019年度版では、組立図コマンドで構成部品ごとに投影形状を取得する機能を搭載しました。投影された2次元図面は隠線処理等の影響を受けずレイヤを作成して図面化が可能となりました。

(3)溶接カットリスト機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、部品を投影図に配置する際に、溶接カットリスト(番号、個数、カットリスト名、長さなど)を表配置する機能を搭載しました。この機能により、2次元で新たにカットリストを作成せずに、投影図と一緒に自動出力が可能となり、大幅な時間短縮となります。
 

(4)正接エッジ隠れ線レイヤ作成機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、投影図・断面図等の配置の際に、「正接エッジ隠れ線レイヤ」を作成し、そのレイヤに振り分けて配置する機能を搭載しました。
 

(5)投影図更新機能 <新機能>

 A.詳細図の寸法線更新
  CADSUPER Works 2019年度版では、投影図更新で詳細図レイヤに配置した寸法線更新に対応しました。
 

 B.省略図の投影図更新
  CADSUPER Works 2019年度版では、投影図更新で中間省略図・対称省略図の投影図更新に対応しました。
 

(6)機械要素平面図の基準方向補正 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、機械要素の投影配置で、平面図形状時に0・90・180・270度の基準方向に補正して配置する機能を搭載しました。3次元モデル上で表示されているボルトの傾きを補正することで、図面上で違和感なく配置いたします。
 

(7)スケッチ点投影機能 <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、スケッチに描かれている点も出力できるようになりました。これにより、スケッチ上の基準点や円の中心などの加工に必要な点などを出力することができ、寸法記入などによって、図面を仕上げる時間が短縮できます。
 



(8)投影図更新メッセージ  <新機能>

 CADSUPER Works 2019年度版では、CADSUPER内に配置した投影図のプロパティと投影図一覧で、投影図の更新が必要な状態を表示いたします。
これにより、2次元図面と3次元モデルとの差異を少なくできます。
 




2.3D設計補助機能

(1) 円形の輪郭でのスイープ機能 

 2Dto3Dコマンドのスイープモードに、円形の輪郭でスイープ形状を作成する機能を搭載しました。これにより、パスと円の半径を入力するだけで、スイープ形状を作成できます。

 

(2) ボディ色設定コマンドの構成部品編集対応 

 部品を開くことなく、アセンブリの[構成部品編集]モードで、ボディに色付けができます。

 


CADSUPER Works 2018年度版の主な特長▽クリックで表示/非表示

CADSUPER Works 2017年度版の主な特長▽クリックで表示/非表示

CADSUPER Works 2016年度版の主な特長 ▽クリックで表示/非表示

CADSUPER Works 2015年度版の主な特長 ▽クリックで表示/非表示

連携機能の特長

●2次元図面からの簡単モデリング
スケッチインポート機能で既存図面を3次元空間に立体的にスケッチ配置し、アンドール独自のモデリング機能によって2次元感覚で直感的な操作が可能です。また、既存の2次元組図を利用した3次元検証も可能です。2次元機能の自由な操作性で構想設計した形状を3次元設計環境に取り込み、拘束条件にもとづく機構的な動作確認、部品間の干渉チェック、応力解析などの設計検証ができます。

 

●3次元データからの更新
2次元投影図を取得した後に3次元上で設計変更があった場合でも、投影図更新機能により自動的に2次元投影図を更新できます。3次元で作成した寸法線情報も形状に追従して更新されるのはもちろんの事、2次元上で追記した寸法線に関しても形状に追従して自動的に更新をかけることができます。

●高品質な2次元図面の作成
一般的な3次元CADから2次元CADへ投影し、最終図面を作図する際の問題点を解決します。微小線の集合体や重複した要素などを自動的に補正することができ、それにより要素数を大幅に軽減することができます。2次元図面として正しい要素となるので、高品質な2次元図面を作成します。

3次元基本機能

●コンフィギュレーション
部品・アセンブリの全てを取り巻く構造と関連状態を管理できるツールです。同一ファイル内で部品・アセンブリの多様な設計バリエーションを作成/管理できるため、デザイン流用を支援します。

●板金設計
いちから板金属性をもったモデルを作成できるほか、ソリッド形状から板金モデルへ変換させることもできます。マルチボディにも対応しており、溶接で組み立てられているモデルや複雑な板金モデルも設計できます。

●サーフェス機能
ソリッドのモデリングだけでなく、サーフェスを利用してのモデリングができます。自由形状フィーチャーを利用するこで、新規の形状作成やサーフェスインポートモデルの操作を簡単かつ直感的に行うことができます。

●ダイナミック検証
干渉チェックのツールとして、衝突検知が行えます。構成部品同士の干渉やクリアランスの検証などもできます。

拡張機能(一部)

●高性能レンダリング機能
高品質なCGを高速生成する先進のレンダリングツールです。モデルに設定したデカルなどもレンダリングに反映します。

●配管/配線設計ツール
配管やチューブ、電気ケーブルなどの配置を取り入れるツールです。複雑なルート形状モデルの設計作業を効率的に進めます。

解析機能

●基本機能(ソリッド要素、はり要素、シェル要素、アセンブリ)
汎用有限要素法解析システムの解析機能を統合した設計者向け解析ツールです。線形静解析の範囲内でモデルを作成した同じウインドウで簡単に検証できます。

●機構解析機能(モーター、ばね、接触、重力、モーション荷重)
モーターやアクチュエーターの判定、動力消費量の測定、部品の接触などを設計時に検証するツールです。