K.Hさん

「人」も「技術」もどちらも
大切にしてくれる会社

K.Hさん
東海大学 情報通信学部卒
首都圏技術部 システム第1課
(2017年 新卒入社)

「現在のお仕事」

コミュニケーションは大切なツール

現在の仕事は、大手ポータルサイト運営企業の顧客情報管理システムの保守運用を担当しています。今年で2年目になり、Linuxサーバの保守運用が主な業務内容です。Linuxのコマンドを多く覚え、自信がついてきました。
具体的な作業内容のひとつは、タスク管理の「Jira」というツールを介して、他部署から求められる顧客情報を抽出して提供しています。システムの主なプログラム言語はGo言語やPHPです。

仕事をする中で、様々なことを経験し学んできました。特に自分が大きく成長したと思う出来事は、業務での失敗経験です。
以前、他部署に誤った抽出データを渡してしまい、誤解を招いてしまったことがありました。何が原因だったのかを考えたときに、依頼時のコミュニケーションをあまりとっていなかったことに気が付きました。当時は業務に追われ、自分に余裕がありませんでした。そのため、他部署からの依頼を「どのような目的で使用するものなのか」ということを確認せず、事務的に作業を行ってしまいました。コミュニケーションをもっと取っていれば未然に防げた内容でした。大変コミュニケーションの大切さを痛感した出来事でした。

この経験以降、現在では一緒に仕事をしているチーム内部だけでなく、些細な用件でも、密にコミュニケーションをとるように心掛けています。
コミュニケーションをとることにより、失敗を未前に防げることはもちろんですが、いい雰囲気のなかで仕事をすることができています。

インタビューの様子

「仕事でのやりがい」

緊張感を常に持ち、世の中を豊かにする

やりがいを感じる瞬間は、自分の携わったサービスやシステムが、世の中にリリースされ、様々な反応がされているのを見かけたときです。
現在携わっているポータルサイトは自分でもよく使うので、この仕事に関わっていると思うと、自分の仕事が世の中を豊かにしているのだと誇らしさを感じます。

アンドールに限らず、IT業界は「とてもやりがいのある仕事だな」と思うと同時に、改めて責任のある仕事だと実感しました。

常に緊張感をもって仕事するように心がけています。

仕事中の様子

「入社のきっかけ」

趣味を続けながら、様々な経験ができること

私は就職活動中、2点のことを重視していました。1つ目は「エンジニアとして様々な経験を積める」こと、2つ目は「趣味を続けられる」ことです。面接や説明会の際に丁寧に説明してくれ、アンドールならば重視している2点を満たせると思い、入社することを決めました。実際に入社1年目から、海外での保守業務やリスク管理システムの開発など様々な経験ができ、充実した日々を送っています。

リスク管理システムでは改修業務を行いました。主な担当業務は画面設計、単体・結合テスト、バグ修正などです。プログラム言語はJavaを使用していました。入社当時は、まだ会社に慣れていないことや、先輩方と上手くやっていけるのかといった不安が多くありました。
はじめての仕事はプロジェクト全体が期限に追われており、あまり余裕がなかったので不安が増すばかりでしたが、昼食を共にしたり業務後に飲み会に行ったりと、プロジェクトメンバー間の雰囲気は良好だったので仕事に対しての不安が薄れていきました。
この仕事を経験できたからこそ、技術面はもちろんですが、目上の人とのコミュニケーション方法などについてたくさん学べました。

また、仕事ができる・できないももちろん大切なことですが、「人」をしっかり見てくれる会社であることを感じています。社会人になるにあたって趣味を続けようか、やめようか悩んでいることを面接時に話をしたところ、辞めずに大切にするように言われました。とても印象的で、趣味が続けられることを嬉しく思いました。
この言葉のおかげで、今も趣味を続けており、メリハリのある充実した日々を過ごせています。

「就活中の皆さんへのメッセージ」

自分に合った仕事ができる

アンドールは設計から業務ソフト開発、システムの運用・保守まで幅広い分野で仕事ができます。さらに、社内の風通しが良く、業務に対する悩みや不満を上司に気軽に相談しやすい環境です。そのため、自分に合った仕事をすることができます。

是非、様々な経験を積み、ステップアップして行きたいと思う人に来て欲しいと思います。アンドールなら様々な業界や業種と関わりがあるので、技術面はもちろん、社会で働く一員として自分を大きく成長させることができます。
皆さんと一緒に仕事できる日を心待ちにしています。

仕事中の様子