C.Kさん

自分の望みを
聞いてくれる会社

C.Kさん
早稲田大学 創造理工学部卒
メカトロニクス技術部 機械設計課
(2019年 新卒入社)

「現在のお仕事」

自分の成長につながる仕事のやり方

現在のやっていることは、お客様から依頼されたものをCADソフトを利用してモデリングし、3Dプリンタで出力することです。具体的にはゴルフパターやサングラスといったものを作成しました。今までで約30個のモデルを作成してきました。今までに作成してきたモデルは試行錯誤しながら出力しているので、その過程で出力したものも含めるともっと多くの実践を積めたと思います。

仕事をしていて特に印象に残っていることは、お客様のご要望に応えながらモデルの修正を重ね、納品OKをいただけたことです。指摘無しで納品OKをいただくときももちろん嬉しいのですが、なかなか納品OKが貰えず、試行錯誤してモデリングしたものを納品完了できた瞬間が、特に達成感を感じました。

また、仕事で心がけていることは、「速さ・丁寧さ・保守性を兼ねたモデルを作成すること」です。形をつくるだけでなくその過程にも気を配り、後で設計を変更してもエラーが起こりにくいモデリング技術は今後も必要になると思います。依頼をただこなすだけでなく、一つ一つが自分の成長につなげられるように意識して仕事をしています。

仕事中の様子

「仕事でのやりがい」

機械設計の一番の醍醐味は
すぐ目に見える形にできること

パソコン上でモデリングしたものが、3Dプリンタによってすぐ目に見える形で現れることにやりがいを感じています。
3Dプリンタは直線的な機器部品から、自由曲面を含むフィギュアまで何でも造形できるので、業務に取り掛かって最初の数か月間はとにかく様々なものを造形しました。もちろん、毎回成功するわけではありません。キャラクターのフィギュアを作ろうとしたときに、キャラクターが着ている衣服の造形が難しく、何度も失敗しました。しかし、失敗した原因を探り、解決することで何とか造形に成功しました。この瞬間、とてもやりがいを感じました。

入社後の研修では、基本的な図面の読み方・描き方から始まり、3DCADの操作(モデリング方法や図面の作成方法)、3Dプリンタの操作方法、メンテナンスの仕方について学びました。私は機械設計未経験だったので、最初は分からないことが多く、その度に講師の方や同期の友人に助けてもらいました。CADの操作も最初は慣れませんでしたが、与えられた課題をこなしていくうちに、操作に慣れることができました。今ではCADを使ってモデリングすることが楽しいです。
また、3Dプリンタの研修でも、猫や鳥のおもちゃなど好きなものを作らせてもらえたので、とても楽しく研修に取り組むことができました。この研修でいろいろなことを学べたからこそ、仕事に対してやりがいを感じられているのだと思います。

インタビューの様子

「仕事を通じて成長したこと」

CADの技術だけでない、三つの成長

私が成長したのはCADの技術ももちろんですが、主体性が身についたこと、時間を意識するようになったこと、そしてコミュニケーション力が磨けたことです。
1つめは「主体性が身に付いたこと」です。
作業依頼がない間は自分で課題を見つけてモデリングを行うことが多く、自分で考えて行動に移すようになりました。もちろん分からないことがあれば先輩に相談します。今までは何も考えずに答えだけ聞いていましたが、今では自分でしっかりと考えをまとめた上で相談する癖がつきました。

2つ目は「時間を意識するようになったこと」です。
仕事には納期があり、納期までに間に合わせなければいけません。もし、納期までに間に合わなかった場合、自分が原因で大勢の人に迷惑をかけてしまうことがあります。
私は学生時代から試験前などに大まかなスケジュールを立ててから勉強をはじめていましたが、自分だけのスケジュールだったので、スケジュールを意識せずに勉強することが多々ありました。しかし、仕事では自分一人の遅れで作業が止まってしまうこともあります。それを防ぐためにも、普段からスケジュールを意識し、できるだけその通りに動くようにしています。その結果、スケジュール管理能力が身につき普段の生活でも時間を意識して行動することができるようになりました。

3つ目は「コミュニケーション力が磨けたこと」です。
私は、昔から人見知りで引っ込み思案な性格です。そのため、自分から発言するのが苦手であまり関わりのない人とのコミュニケーションの取り方がわかりませんでした。ただ、この仕事は人とコミュニケーションを取らないとより良いモノを作ることができません。不安しかなかったですが、自分からコミュニケーションを取ることを意識しました。
最初は黙々と課題をこなしていましたが、徐々に仕事も任せてもらえるようになり、お客様の要望や意見を聞くために直接お会いする機会が増えていきました。最初はうまくいかないこともありましたが、回数を重ねるうちに意見の伝え方や相手の要求を汲み取るコツが分かるようになりコミュニケーション力を磨くことができました。

「就活中の皆さんへのメッセージ」

自分がやりたいことを大切に

私の趣味は絵を描くことで、小さいころからモノづくりが好きでした。この会社に決めた理由は、自分のやりたいことを可能な限り聞いてくれる会社だと感じたからです。
皆さんも「自分が何をやりたいのか」をじっくり考え、その思いを一番大切にしてください。そのためには自分が昔から好きなことは何か振り返ってみるとよいかもしれません。
また、自分のやりたいことをぜひ口に出して伝えてみてください。まず、「これがやりたい!」と思ったら、発信することを忘れずにいてほしいと思います。

インタビューの様子